印鑑は使い分けるべし

印鑑登録していない印鑑はシャチハタであろうと100円市のであろうと、認印となりますから逆に何でも実印にできます。ただシャチハタを断る銀行窓口や契約書類もありますから、なんでも認印にできるわけではありませんから認印として使う場合であっても購入する際には種類や素材を確認した方が無難です。文房具店や100円市などで購入できる印鑑は無くしたり破損したりした時にすぐ代替購入できる点です。

手彫り印鑑など高級印鑑になってくるとそうもいかず、保管に気を配らなければならないゆえに面倒くさがり屋さんには、少々扱いにくい代物ですが防犯を考えると認印であっても若干高めの印鑑を2~3本購入して印鑑ケースにしまって、自分が分かりやすい場所か同じ場所に保管しておくという形が理想です。近年女性用におしゃれでかわいい台木の認印を持ち歩くケースも増えていますから、認印を楽しく使う事を考えてみるのはいかがでしょうか。

はんこ屋は敷居が高いと感じる人は一度足を運んでみてください。多種多様な素材があって少しだけお小遣いを奮発するだけで購入できる製品もありますし、ネット通販を並行して開いている店舗なら2回目以降はネットから注文することもできますし、その逆もあります。

印鑑でも認印を購入

よほどのことがない限り印鑑でうるさく言われる事はありません。ところがいざお金を用立てる時やパートタイマーでの給与を頂くという時になって、しっかり登録したはずの印鑑が機械に反応しないと言って、お金をおろす事が出来なくなってしまったなどととんでもないトラブルに見舞われた体験をしたことはありませんか。認印は特に緊急性が無く使う頻度が最も高いにもかかわらず、100円市や文房具屋などで購入される事がとても多いのです。

これらのお店は安く手軽に購入できるゆえに、最も多く利用される傾向にありますが、安い分だけ素材にあまり経費をかけずオートメーションで製造されていますから、印面が破損しやすく、長く使っていると変形してしまうきらいもあります。したがって銀行印用の認印としては多少経費がかかっても素材の良い日持ちするものを利用した方が無難です。印鑑屋でオリジナルのものを1~2個用意しておくのもおすすめです。実印は印鑑登録されたものを指しますから公的機関でも私的機関でも活用できますが、やはり素材にこだわった方が良いでしょう。